洋書専門店今週の厳選本『世界一シビアな「社長力」養成講座』

コンテンツマーケティング64の法則

中身を読まなくてもわかる本の要約

 

コンテンツマーケティング64の法則

あなたは、文章を書くのが得意だろうか。

 

残念ながら、得意とは言えない人が多いのではないかと思う。

 

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠されているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないだろうか。

 

ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。

 

もしあなたがメールを利用するなら、もしあなたがツイッターやフェイスブックに参加しているなら、もしあなたが資料を作るなら、もしあなたが……。

 

そうなのだ。ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、そしてフェイスブックやツイッター、ユーチューブなど、すべてのコンテンツには書くことが求められている。

 

そういう意味では、誰もがライターなのである!

 

だけど、書くことに自信がないといういう人も多いだろう。
そんな“書くのが苦手”という人に朗報である。本書がすべてを解決してくれるからである。

 

本書は、「ライティングはアートではない、スキルである」と言い切る。

 

 

また、「基本的なスキルを身に付ければ、誰でも書けるようになる」と断言する。そして、書くための具体的な方法(64個もの法則!)を教えてくれるのだ。もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介してくれる。

 

もっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れるだろう。書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものである。

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

 

 

それが、、、

 

”面白いコンテンツが作れない”

 

ということ。

 

事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

 

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

 

では、、、
お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

 

その答えは、、、

コンテンツマーケティング64の法則

 

コンテンツの根拠となるもの

著者紹介

アン・ハンドリー

アン・ハンドリー(Ann Handley)

コンテンツの制作・管理の専門家。MarketingProfs(マーケティングプロフス)のCCO(最高のコンテンツ責任者)。
同社はマーケティングの訓練・教育を提供し、マーケターの大きなコミュニティを運営している。
ハンドリーは『アントレプレナー』誌の月に一度のコラムを担当し、Linkedlnの「インフルエンサー」プログラムのメンバーでもある。講演活動なども精力的に行う。共著にコンテンツ・マーケティングをテーマにした「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」(ダイレクト出版)がある。著者についてさらに詳しくは、AnnHandley.comで

コンテンツマーケティング64の法則の評価レビュー

もうほかの本は捨ててしまってかまわない。
本書があなたのコンテンツを極上レベルに高める唯一必要なガイドになるからだ。
私もこの本から学ぶことがたくさんあった。
今は、新しく見つけたコンテンツ制作の筋肉を動かしたくて仕方ない
デイヴィッド・ミーアマン・スコット
(『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』の著者)

 

 

文章作法の古典的名著とされている『英語文章ルールブック』の
後を継ぐ書があるとしたら、間違いなくこの本がそうだろう。
あなたがコミュニケーターなら、この本をしっかり読んだほうがいい。
たっぷり楽しませてもらった後には、もっとうまく書けるようになっている!
ナンシー・デュアルテ
(『slide:ology【スライドロジー】:プレゼンテーション、ビジュアルの革新』の著者)

 

コンテンツマーケティング64の法則

 

コンテンツの根拠となるもの

コンテンツマーケティング64の法則:目次

目次・章立て

 

 

foreword
秘密のライティング
もっと優れた書き手になるために by ナンシー・デュアルテ…001

 

introduction
書くための筋力づくり
大きな誤解が、書く力を奪っている…005

 

PART1 ライティングの法則
もっとうまく書く方法(と少ししか書けないこ とを憎む方法)

 

1あなたもライター

 

書くための筋力作り その最初の鍵…033
法則1 誰でもものを書く

 

2習慣の力

 

デスクに向かって書き始めよう。毎日欠かさずに…035
法則2 ライティングは習慣であってアートではない

 

3エッセイ

 

みんなに好かれていると思ったら、本当はみんな大キライ!…040
法則3 高校時代のルール(法則)は捨て去る

 

4コンテンツ出版

 

コンテンツは、顧客や見込み客を喜ばせるためにある…043
法則4 出版できることを特権と考える

 

5言葉とアイデア

 

文章の書き出しでやってしまいがちな間違い… 045
法則5 最も重要な言葉(とアイデア)を各センテンスの先頭に置く

 

6プロセス

 

目的地にたどり着くための12のガイド…047
法則6 ライティングGPSに従う

 

7アイデアの秘訣

 

インクの前に考える…055
法則7 考えたぶんだけ、書きやすくなる

 

8文章の整理

 

あなたなりのアプローチを探してみよう…059
法則8 整理する。心配は無用、この法則に従うだけでいい

 

9書き始める

 

アイデアを解き放つ、文章は二の次だ…065
法則9 見苦しい第1稿を受け入れる

 

10読者の役に立つ

 

彼らの視点からものを考える…069
法則10 読者と立場を入れ替える

 

11リライト

 

最高のライティングを目指すための条件…072
法則11 リライトにはユーモアを加える

 

12共感

 

人々が必要としていることを知るには…073
法則12 病的までの共感を持つ

 

13自己編集

 

人に託す前に、自ら整える…079
法則13 間違った言葉を消す

 

14書き出し

 

アイデアを解き放つ、文章は二の次だ…065
法則9 見苦しい第1稿を受け入れる

 

15その冒頭は必要か

 

すばやく本題に入るべし…086
法則15 ランニングスタートを切るときは、後で足跡を消す

 

16出だしと結び

 

最初と最後の1文に特別な愛を捧げよう…090
法則16 「優れたリードはパーティーへの招待状。優れた結びはもっと長くとどまりたいと思わせる」

 

17輝く月

 

どんなとき、コンテンツが見込み客の救済となるのか…096
法則17 見せる、語らない

 

18比喩

 

抽象的なものに具体性を与える…101
法則18 なじみはあるが驚きもある比喩を使う

 

19心構え

 

見解は、証拠と背景とともに語る…104
法則19 教えるときのようにライティングにアプローチする

 

20シンプルが一番

 

読者への共感と読者中心の視点を持つ…106
法則20 シンプルを心がける―ただし単純化しすぎない

 

21仲間作り

 

ひとりより相棒がいたほうがいい…110
法則21 ライティング仲間を見つける

 

9書き始める

 

ライターの壁を乗り越えて…083
法則14 親愛なるママへ……で始める

 

22口出しは無用

 

求めるなら、意見ではなくゴーサイン…112
法則22 審議委員会に書いてもらうことを避ける

 

23編集者の条件

 

最善のライティングを引き出せる人tとは… 114
法則23 優秀な編集者を雇う

 

24読みやすさ

 

つねにオーディエンスを基準にする…116
法則24 読みやすさにとことんこだわる

 

25未完のススメ

 

再スタートする理由と勇気を与えてくれる…121
法則25 「また戻ってくるのが待ちきれない」のメモをつけて終わる

 

26目標の数字

 

「モーニングページ」を習慣にする…123
法則26 ワード数(時間ではなく)にもとづいた目標を決める

 

27締め切り

 

踏ん切りのつかない自分に厳しさを与える…126
法則27 締め切りはライティングの潤滑剤

 

28言葉選び

 

業界用語や専門用語は添加物だと思え…128
法則28 本物の言葉を使う

 

29常套句

 

使い古されたフレーズを新鮮に使う…130
法則29 クリシェはごくたまにだけ使う

 

PART2 ストーリーの法則

 

30説教と情報の境界線

 

独善的な教義となるかは紙一重の差しかない…132
法則30 道徳を説きすぎない

 

31ストーリー

 

顧客の共感を得るブランド戦略のために…137
法則31 あなたがどう世界を変えられるかを語る

 

32自らを語る

 

あなたを知ってもらうことが、なぜ重要なのか…144
法則32 あなたにしか語れないストーリーを語る

 

 

33独自の視点 独自の声

 

あなたらしさを通して差別化を図る…147
法則33 声とトーン ”誰かが前に使った言葉だってかまわない―もっとうまく言えばいい”

 

34成功例を借りる

 

自分だけのストーリーで感情に訴える…153
法則34 例の代わりに比喩を使う

 

PART3 出版の法則

 

35ブランド・ジャーナリズム

 

編集者のアプローチでブランド構築に取り組む…160
法則35 ちょっと待って。ブランド・ジャーナリズムって何だ?

 

36正直であれ

 

信頼される内容であるためにやるべきこと…167
法則36 真実を語る

 

37ニュースジャック

 

自らも含めて伝えることで、ニュースが生きてくる…169
法則37 コンテンツの瞬間はあらゆるところにある

 

38ニュース

 

それは読者と共有する価値があるストーリーか…174
法則38 本当にニュースと呼べるニュースを投稿する

 

39異なる視点

 

複数の視点、競争相手の存在を認めよう…176
法則39 偏っていてもバランスがとれた見解―対立する意見を求める

 

40インタビュー

 

聞く技術を磨くための7つのテクニック…179
法則40 ありきたりではないインタビューのヒント

 

41裏づけ

 

信頼性を出版の要とするために…184
法則41 事実確認

 

42コンテンツの素材

 

インスピレーションの泉を見出すための訓練法…186
法則42 “頭をからっぽにして”コンテンツにアプローチする

 

43誰が中心人物か

 

ビジネスの世界でも「現場」が大事…188
法則43 最良の情報源を探し出す

 

44利害

 

関係 その発言の背景は何か…190
法則44 隠れた思惑に気づく

 

45正しい引用の方法

 

一次情報源に当たる…191
法則45 引用する情報は書きながら探す

 

46キュレーション

 

特別な価値を付け加えたオリジナルとして提供する…196
法則46 倫理的にキュレーションする

 

47著作権

 

許可の求め方と侵害への対応 3つのステップ…201
法則47 許しではなく許可を求める

 

48著作権のアドバイス

 

どうすれば“公正利用”と言えるのか…206
法則48 著作権の基本、公正利用、出典明記を理解する

 

49 データ

 

コンテンツの根拠となるもの…212
法則49 コンテンツをデータにもとづいたものにする

 

PART4 コンテンツの法則

 

50長さのガイドライン

 

検索エンジンが好む長さとは…217
法則50 ブログ、ポッドキャスト、Facebook投稿、ツイート、その他のマーケティング・コンテンツの理想的な長さ

 

51 Twitter

 

誰かに話しかけるつもりで気軽にやりとりする…221
法則51 Twitter用に書く―モノローグではなくダイアログに

 

52ハッシュタグの活用

 

オーディエンスとのつながりを築くために役立てる…228
法則52 ハッシュタグ付きで書く(または、ハッシュホールにはなるな)

 

53 Pinterest

 

“平凡”をすばらしいものに変える力…236
法則53 ソーシャルメディアの投稿にはユーモアを含める 力強い声と無駄のない文章―“ファッショナブルな服を着た私の想像上の幼い娘”を始めたティファニー・ビヴァリッジとのQ&A

 

54 Facebook

 

ビジネスの世界でも「現場」が大事…188
法則43 最良の情報源を探し出す

 

55 LinkedIn

 

みんなが集まって何かを成し遂げる場所…247
法則55 LinkedIn用に書く―つねに誰かの助けになることを考える

 

56プロフィールで差別化する

 

あなたを最もよく表す言葉を選ぶ…254
法則56 LinkedInのプロフィールを書く―“責任ある”は過大評価されている

 

57メール

 

開封したくなる書き方…258
法則57 電子メールを書く―あなたならどのメールを開封する?

 

58ランディングページ

 

3つのシンプルな情報だけを与える…266
法則58 ランディングページを書く―少ないほど多くを得られる

 

59見出し

 

大げさな見出しは、オーディエンスをミスリードする…277
法則59 見出しを書く―読まずにはいられなくなる見出しを苦もなく書く方法―それができれば信じられないことが起こる

 

60ホームページ

 

会社の玄関にふさわしいコンテンツとは…283
法則60 ホームページを書く―あなたのことはわかっています

 

61企業情報

 

優れたページは、企業について語っていない…290
法則61 企業情報ページを書く―あなた個人についての情報ではない

 

62インフォグラフィック

 

強い視覚的インパクトを見る人に与えるには…295
法則62 人々にばかにさせないインフォグラフィックを書く

 

63ブログ

 

投稿に関するちょっとした戦術の提案…302
法則63 もっと効果的なブログ投稿を書く

 

64 1年を振り返る

 

顧客の生活をどのような形で豊かにしているか…307
法則64 年次報告書(または年間の総括)を書く

 

PART5 コンテンツ・ルール

 

 

などなど、もっとお客の反応を取って、集客をアップさせるコンテンツを作る秘訣が盛りだくさんです。この本を読み終わるころには、あなたはお客を引き寄せる記事を書く秘訣だけではなく、売れるコンテンツを企画する方法も知ることができるでしょう。

 

コンテンツマーケティング64の法則

 

コンテンツの根拠となるもの

[新刊]コンテンツ・マーケティング64の法則

 

もし、あなたが

 

・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。
・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが何を書けばいいか分からない。
・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

 

といったことに悩んだことがあるなら

 

 

この新刊本 「コンテンツ・マーケティング64の法則」が役に立つでしょう。

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

 

 

それが、、、

 

”面白いコンテンツが作れない”

 

ということです。

 

 

事実、ある米国の調査によると、コンテンツ・マーケティングの課題の1番は

 

「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」

 

で、全回答の41%を占めています。

 

 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

 

 

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

 

 

では、、、

 

お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

 

お客さんをファンにする記事と
そうでない記事では何が違うのか?

 

売上に直結する記事と
いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

 

 

その答えは、、、

コンテンツマーケティング64の法則

 

コンテンツの根拠となるもの