スケーリング・アップ/ヴァーン・ハーニッシュとガゼルチーム

スケーリング・アップ/著者ヴァーン・ハーニッシュとガゼルチーム

スケーリング・アップ

中身を読まなくてもわかる本の要約

 

スケーリング・アップ

 

あなたの会社の売上は拡大しているでしょうか。

 

創業した起業の9割が3年以内に倒産すると言われているのですから、
生き残るだけでも大変です。
しかも、売上が 10 倍、100 倍と成長していくのは、ほんのわずかな企業でしかありません。

 

では、あなたの会社は、そのわずかな企業になりたいとは思いませんか。
「そんなの無理だ!」と思ったかもしれませんが、それが可能なのです。

 

自分の会社を 10 倍、100 倍とスケールアップするために必要なのは、
ユニークなアイデアや商品でもなければ、並々外れた才能や人脈でもありません。
ましてや、運とかいったものでもありません。

 

会社を成長させるために必要なのは、誰にでもできるスキルです。
本書には、そのためのスキルがステップバイステップで書かれています。
本書で紹介するツールを一つひとつ実践していけば、
確実にあなたの会社はスケールアップしていくでしょう。

 

社長をはじめ、ビジネスリーダーに求められるのは、人脈、戦略、実行、キャッシュの4つ。
具体的には、「正しい“人材”を引き寄せて、維持する」こと、「他社と差がつく“戦略”を立案する」こと、「スムーズな“実行”を促す」こと、「危機を乗り越えるための“キャッシュ”を十分に確保する」こと。
そう言うと、少し難しく思えるかもしれません。

 

しかし、本書にはそれを簡単に可能するためのツールが用意されています。
「1ページ個人計画表」や「1ページ戦略計画」、
「ロックフェラー式習慣チェックリスト」、「キャッシュ加速戦略」などを用いれば、
あなたの会社は成長の上昇気流に乗ることができるはずです。

 

ヴァーン・ハーニッシュスケーリング・アップ

 

ダイレクト出版のビジネス洋書

 


目次

PART0 成長の壁を超えて
?CHAPTER1 下準 備
「4つの決断」人材、戦略、実行、キャッシュ
?CHAPTER2 成長の壁
舵取りの3つの鍵 リーダーシップ、インフラ、市場の動向

 

PART1 人材
?CHAPTER3 リーダー
ボトルネックに対処する
?CHAPTER4 チーム
トップグレーディング法で、 優秀な人材を獲得する
?CHAPTER5 マネジャー
偉大なマネジャーが行なう5つの活動

 

PART2 戦略
?CHAPTER6 コア
社内の人材システムを機能させる8つの方法
?CHAPTER7  戦略の7階層
業界を支配するための戦略的枠組み
?CHAPTER8 1ページ戦略計画
あなたのビジョンを1ページにまとめる

 

PART3 実行
?CHAPTER9 優先課題
全員が1つの目標に集中することの力
?CHAPTER10 データ
リーダーの先を読む力を養う
?CHAPTER11 会議のリズム
パフォーマンスの中心に置いて力と結束を生み出す

 

PART4 キャッシュ
?CHAPTER12 キャッシュ
成長を持続させる燃料に火をつける
?CHAPTER13 会計
CEOの決断を助ける会計機能強化の方法
?CHAPTER14 パワー・オブ・ワン
7つのテコとキャッシュで成長を加速する

 

 

著者紹介

ヴァーン・ハーニッシュとガゼルチーム

ヴァーン・ハーニッシュ(Verne Harnish)

 

世界的に有名なEO(起業家機構)の創設者で、
この団体がMIT(マサチューセッツ工科大学)で実施している
CEO プログラム「Birthing of Giants」の代表を15年務めた。

 

国際的な幹部教育・コーチング企業ガゼルの創業者でCEO。
6大陸に散らばる数百人のパートナーと提携して活動している。
起業家教育では30年以上の経験を持つ。

 

シンジケート・コラムニストとして、
“Growth Guy” コラムを発信するほか、
『フォーチュン』誌にも定期的にコラムを執筆している。

 

著書に『会社が急成長するロックフェラー式「黄 金の習慣」』(PHP 研究所)がある。
毎年、北米、ヨーロッパ、アジアで「Growth Summit(成長サミット)」を主催。
また、MIT の幹部教育プログラムで現在も教えている。

 

スペインのバルセロナ在住。妻と4人の子どもがいる。
ピアノ、テニス、マジックが趣味で、国際マジシャン協会の正会員

 

ヴァーン・ハーニッシュスケーリング・アップ

 

ダイレクト出版のビジネス洋書

スケーリング・アップのレビュー・感想

いつもより本のサイズが一回り大きいです

 

 

今回の本ですが、普段のダイレクト出版の本より一回り大きいです。

 

いつものサイズに慣れていた私ですが、今回の本のサイズは少し持ちにくいかなぁって思いました。

 

さて、肝心の本の内容ですが、大まかに説明すると会社経営に特化した内容です。

 

会社に無駄なもの(必要以上の社員数や業務内容)を減らして、スリム化して会社をどんどん成長させましょう、といった内容です。

 

ですので、個人でビジネスをしている方は(私含む)少しピンとこない部分があります。

 

しかし、会社経営問わずビジネスの流れや基礎が書いてありますので、会社経営者にはもちろん、将来会社を作りたい方にもおすすめします。

 

 

 

着眼点が明確でわかり易い

 

 

着眼点と手順が明確に記載されていて、非常に読みやすかったです。20数年、会社経営をしていますが、新しく気付いたことも多かったです。

 

 

 

規模拡大

 

 

会社の規模を拡大する方法とはまさに「正しい手順を踏む」ことしかないのだな、と実感させられる内容でした。手順や方法がとても具体的でわかりやすかったです。私も実践していこうと思います。

 

 

 

 

まず、実践

 

 

大変、厚いという印象を受けましたが、
読み進めていくとスムーズに読むことができました。
実践しないといけないことが多く、何からやろうかと思っています。
まずは実践しないといけないと強く思いました。

こんなの、見たことありますか!?

 

 

この本を見たとき、自分の目を疑いました。

 

なぜならこの本、、、

 

・Amazon.comでレビュー平均4.9点
・236件のレビューのうち、89%の208件が満点の5つ星
・2点以下のレビューなし(98%が4つ星以上)

 

・2015国際ブックアワード 一般ビジネス書部門 優勝
・2015全米インディーズエクセレンス賞 一般ビジネス書部門 優勝
・2015読者が選ぶ国際ブックアワード ノンフィクションビジネス部門 金メダル受賞

 

・2015パリ・ブックフェスティバル賞 ビジネス書部門 優勝
・2015サンフランシスコ・ブックフェスティバル賞 ビジネス書部門 優勝

 

という、すさまじい評価を受けていたからです。

 

 

「会社の売上を何倍にも拡大できます」
「経営の問題が解消します」

 

・・・というような経営本はたくさんありますが、

 

(そして、ビジョナリー・カンパニーやドラッカー、
コトラーなど「名著」と呼ばれるものもたくさんありますが)

 

これほどまでに「偏った」評価の本を見たことはありません。。。

 

 

この本、

 

「たった1枚の」経営ツールを使うだけで、
会社をスムーズに拡大、成長させることができる、

 

というコンセプトなのですが、、、

 

すでに30年以上の実績があり、
4万社が導入している、というのです。

 

この本の「経営ツール」は、

 

ある経営者に40億円の資産をもたらし、
ある会社を1,000億円以上の規模へと成長させたのですが、、、

 

さて、それはどんな本でしょうか??

 

↓↓↓

 

それが今月の新刊本、
スケーリング・アップ」です。

 

 

 

 

あまりこういうことは言うべきではないと思うのですが、
この本、これまで弊社で出した本の中で、実は最もオススメの経営本です、、、

ヴァーン・ハーニッシュスケーリング・アップ

 

ダイレクト出版のビジネス洋書

 

 

 

 

 

いい戦略/普通の戦略

 

 

大富豪で世界一の投資家ウォーレン・バフェットが
絶対に投資しない業界があります。

 

 

それが「航空会社」です。

 

 

彼は1989年に行ったとある航空会社への投資を
「間違いだった」と言って以降、
航空会社への投資を一切していません。

 

 

ビジネスモデルが「極端」で利益が出るはずがない、
というのです。

 

 

事実、業界の利益率はめちゃくちゃ悪く、
業界別の平均営業利益率ランキングを見ても、
航空業界はワーストグループの常連。

 

 

2000年以降の航空業界の平均営業利益率は
マイナスになっている時も多くあります。

 

 

そんな中、

 

1973年以降、米国の景気の動向にかかわらず
黒字経営を続ける数少ない航空会社があります。

 

 

サウスウエスト航空です。

 

 

創業2年目から40年以上連続で黒字。

 

1991年湾岸戦争、90年前半の不況、
2001年同時多発テロ、2003年イラク戦争、
2000年中の原油高、2008年金融危機後の大不況の間、
利益を計上し続ける。
(航空業界は2001?2005、
2008、2009年に赤字を計上している)

 

 

1972年?2002年の投資収益は
全米すべての上場企業の中で最大。

 

最も働きやすい会社、全米ナンバーワン獲得。

 

求人採用倍率44.5倍(合格率2.2%)。

 

 

など、航空業界で飛び抜けて優秀な会社です。

 

 

その理由は「戦略」にあります。

 

 

教科書にもたびたび登場し、
「戦略の古典的名作」と賞賛される同社の戦略とは
どんなものなのでしょうか?

 

 

新刊本「スケーリング・アップ」p154戦略の7階層 より

 

 

この航空会社には競争相手が真似できないような、
いくつかの特徴的な活動がある。

 

 

事前の座席の指定ができないうえに、
サウスウエストは1種類の機体しか飛ばしていない。

 

 

(これによって修理に必要な部品の数は少なくなり、
パイロットのトレーニングや交代も容易になる)

 

 

また、着陸手数料を安くするために、
主要空港ではなく二番手の空港を使い、

 

 

もっと費用のかかるハブ・アンド・スポーク方式
(中心となるハブ空港から周辺空港に便を飛ばす)ではなく、
2地点間のフライトを好む。

 

 

このように、サウスウエストは
乗客にあらゆる不便を我慢させる
風変わりなカルチャーを築いている。

 

========================

 

サウスウエストは、座席の事前指定もなければ、
機内サービスもドリンクと
スナックといった最低限のものだけ。

 

 

また、同社のターン時間はわずか15分。

 

 

「ターン時間」とは、

 

空港についた航空機が、ゲートに到着し、乗客が降り、
機内の清掃と燃料補給、荷物の積み下ろしと積み込み、
機体の検査が行われ、乗客が乗って、
再度飛び立つまでの待ち時間のこと。

 

 

これは、競合他社の平均の半分から
3分の1という短さです。

 

 

新刊本「スケーリング・アップ」p154

 

 

これらの活動は競争優位を保つ防衛策
としても機能している。

 

なぜなら、他の航空会社は、
すでに複数の機種の航空機に投資し、
事前の座席指定サービスを提供し
(すでに実施しているサービスを取りやめるのは難しい)、

 

着陸料の高いハブ空港に縛り付けられ、
不満だらけの従業員を抱える
カルチャーを築いているからだ。

 

 

重要なのは、自分の業界で「どのように」、
競争相手が真似できないような方法で
製品やサービスを提供するかだ。

 

 

サウスウエスト航空の活動が同社のワンフレーズ戦略

 

「ホイールズ・アップ(飛行機は、飛んでいなければ利益を生まない)」

 

から生まれたものであることに注目してもらいたい。

 

 

それが利益に繋がる結果の達成を助けている。
戦略の7階層のそれぞれの層が、
互いのうえに気付かれ、補強しあっている。

 

=======================

 

「戦略」を作る目的は、長期、継続的な利益を生むことです。

 

 

そして、良い戦略とは、
業界平均よりも大きな利益を生みます。

 

さてあなたの会社の戦略は、
「いい」戦略?「普通の」戦略?

 

 

サウスウエストの戦略を参考に、
考えてみてはいかがでしょうか…

 

 

 

新刊本「スケーリング・アップ」では、 少なくとも業界平均の3倍の利益を生む、
「非常にいい」戦略の作り方を教えてくれます…

ヴァーン・ハーニッシュスケーリング・アップ

 

ダイレクト出版のビジネス洋書