団塊シニアマーケッティング容赦なき戦略

団塊シニアマーケティング容赦なき戦略

本書団塊シニアマーケティング容赦なき戦略を読んで得られるメリット

裕福な高齢者層は何を買うのか!?

彼らの消費額の多さとその多様性を知らないマーケッターはチャンスを逃している

富裕層でありながら現役で働き続ける人々の状況は、どんな機会をもたらすのか

毎日1万人がリタイアする一方で、ベビーブーマーの72%は65歳を過ぎても仕事を続ける予定だという。

プロファイリングのチカラ

この世代をさらに細かく分けて、デモグラフィックの中の理想の顧客を分析してリスト化することができる!

新しい家族の形

2世代、3世代が一つ屋根の下で暮らす。この状況はビジネスにとってどんな意味があるのだろうか?

ベビーブーマーとシニアへのマーケッティング、10の強みと活用法

条件付けされた行動と深く根付いた義務感をフルに活用するには!!
富裕な高齢者層のマーケットに成功して圧倒的に成果を上げている企業は
どんな秘密を持ち、実践で生かしているのか

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

中身を読まなくてもわかる本の要約

団塊シニアマーケティング

お金がどこに向かうかは極めて重要だ。

 

そして、お金を持ち、お金を使う
意欲のある人々“に向けて”ビジネスを行うことも。

 

行先もわからずふらふらさまよっていたら、
飢え死にするか車にひかれるかのどちらかだろう。
この本はあなたをお金に導くGPSなのだ。

 

つまりはそれくらい下世話な本なのであり、
社会的利益やビジネスの卓越性、幅広く壮大で
完全なアイデアについて書かれた本などではない。

 

お金を持ち、理由があって興味が満たされるなら
とても喜んでお金を使う人々から
お金を手に入れるためのマニュアルなのである。

 

経済が最悪でも、
正確に的を絞って適切なマーケティングを行えば、
製品やサービスと引き換えに得られるお金があるはずだ。

 

最も不毛で荒れた砂漠にさえ、
鋭い棘に生命を与える水を蓄えたサボテンが
人を寄せつけずに生えている。

 

では不毛な経済状況においてはどうだろうか。
そこだってサボテンが“あり”、水も“ある”。

 

経済が改善し、復活しつつある昨今、
消費の主役はベビー・ブーマーとシニアであり、
今後もその傾向は続くだろう。

 

したがって本書は、
機会を手に入れるためのマニュアルである。

 

ただ読むだけではダメだ。
活用しよう。仕事に生かそう。

 

 


目次・章立て

Introduction
裕福な高齢者層…1
有力なインフルエンサーになるには byキース・フェラッジ

 

序章
単純明快な真理…5
お金を持っている人々“に向けて”ビジネスを行おう

 

Part1ただの高齢者ではない

 

chapter1 成長する世代/ 富の眠る未開拓の市場

 

同質ではない、多様である …23
富の50%を握る裕福な消費者 …24
年齢と闘う新世代シニア …25
黄金の市場に向けて、うまくマーケティングをするには …27
この市場の有望さは、アメリカに限る話ではない …29

 

chapter2 変わる労働/何歳になっても働き続ける黄金世代

 

職場における年齢曲線が持つ意味 …36

 

chapter3 新・家族の光景/こんなはずではなかったのに

 

なぜ、親は成人した子どもに援助してしまうのか …45
彼らが抱える問題は、これだけに収まらない …47
問題を抱える消費者だからこそ、新たな機会がある …48
ベビー・ブーマーが描く最新の家族のシナリオ …50

 

chapter4 古き良き時代/不況なんてこんなものではないと知る

 

大恐慌についてマーケティング担当者が肝に銘じるべきこと …53

 

chapter5 予測可能/あらゆる意味で、人は変わらない

 

消費傾向は、どれほど保守的か? …60

 

chapter6 火星と金星男と女の距離を理解しなければならない

 

chapter7 お金の不安桁外れに裕福であっても“抵抗”はある

 

Part2ターゲットに届く戦略

 

chapter8 プロファイリング/ターゲット顧客を分類する

 

chapter9 望ましい市場/有効活用したいマーケティングの強み

 

昔ながらの信頼性 …93
「ダメって言ったらダメなの」 …95
集中力が長く続く消費者だから効き目があること …96
「返報性の原理」が効果的な良き隣人である …98
礼儀正しく、品行方正、ルールを守る消費者である …99
慈悲深さがもたらす、ビジネスチャンス …101
紹介客の扱いを間違えて、優良な顧客を逃がしている …103

 

chapter10 6つの危険地帯/信頼を失うリスクを回避する

 

あなたのヒーローは誰か? …106
おっと、“もうちょっと”だったのに! …108
相手の話を聞き、意図をくみ取ったか? …112
誰も相手にしてくれない …114
新しいものに替えるくらいなら抵抗する …116

 

chapter11 メディア戦略/オンラインかオフラインか

 

「バカは治らない!」 …127

 

chapter12 活字媒体ターゲットにリーチする旧メディア

 

通販カタログの力をみくびってはならない …136
iPad のページは破れない──雑誌広告の力 …138
本の著者になりなさい …139
これはあなたの義務である …139
chapter13 恐怖心
迅速で断固とした行動に駆り立てるもの

 

恐怖心とその知られざるメリット …141
恐怖心が邪魔になるとき …147

 

chapter14 親しみやすさ情動的なつながりは理性をも越える

 

chapter15 ストレス軽減/売り込みの大敵を減らし、安心してもらう

 

chapter16 差別化/コモディティを脱し、特別な存在になる

 

コモディティ化はお断り …162
競争力をつけるリード・ジェネレーション・マーケティング …167

 

chapter17 自分のために/特別な、あなたのための、限定サービス

 

お望みは、特別なカスタマイズ …173
“あなただけの”限定性の力 …177
会員制が持つパワー …180

 

chapter18 イベント/ストーリーとリストがあれば集客は簡単だ

 

お礼状が大好き …188
スペシャル・オケージョン・マーケティング入門 …188
成功のカギは、正しいターゲットを選んでいるか …190
豊かさを生み出すコーズ・マーケティング …199
関心事がわかれば、ターゲットに訴求できる …201

 

chapter19 願望/彼らが望むものを手に入れられるよう力を貸そう

 

chapter19-2 本は不要か/すべての破壊が進歩につながるわけではない

 

Part3黄金世代のためのビジネス

 

chapter20 介護を売る/誰も欲しがらない商品の売り方

 

実例:介護施設および生活支援施設(ヘルス・ケア) …224
介護施設が直面するマーケティング上の課題 …225
信頼──エキスパートによるケアが受けられるか …227
高齢者専用の救命救急室が注目されている …229
病院は、どんなマーケティングをしているか …230
全幅の信頼関係を構築する手段 …231
医療の分野で、価格に触れるのはタブーなのか …233
自己負担をポリシーにする方法 …235
“怖がらせて売る”マーケティングの活用 …236

 

chapter21 何なら買うか/人生経験に合わせたメッセージを送る

 

実例:高齢者福祉専門の法律事務所 …248
何を提示するか──サービスか、形ある製品か …249
あなたの理想のターゲットは、どちらの願望が強いか …250
「保護したい心」に訴えるメッセージ …254
信頼と親近感は欠かせない …258
懐かしさを強力なツールにする …259
受け入れられる言葉、拒絶される言葉 …260

 

chapter22 信頼構築相手の懐疑心とストレスを取り除く

 

 

Part4リソース&情報源

 

著者紹介 …276
ダン・ケネディの著書 …279
エキスパートたち …281
情報源 …284

 

著者紹介

ダン・S・ケネディー

ダン・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

 

講演家としては、9年連続で、20〜27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

 

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円〜数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

 

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

 

コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

 

チップ・ケスラー

チップ・ケスラー

起業家で、介護施設、生活支援、在宅介護の分野の優れたマーケッティングおよびビジネス開発コンサルタント。
スタッフ教材の製作者でもあり、その他の医療ビジネスのアドバイザーでもある。

 

また、ダン・ケネディーと共同で、それまでないユニークなマーケティング本を執筆している。「信じさせる方法・プリンクリー博士式マーケティング、。21の原則と失われたヒミツ」では、20世紀初頭に勃起障害の最初の「治療」を試みた医師を取り上げている

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

団塊シニアマーケティング容赦なき戦略・評価、感想

介護の仕事をされている方にもお薦めです, 2014/10/25

 

ケアの現場で今後 団塊世代の方々との関わりが多くなるので、非常に参考になりました。どのように実際に活かしていこうかとワクワクさせてもらいました。

 

 

富裕層へのアプローチは、何が適切なのか, 2014/10/22

 

アメリカも日本も、富裕層へのアプローチは、それほど大差ないと思っています。富裕層がメディアに対して、何を思い、何を考えているのか、この本は、「富裕層マーケティング仁義なき戦い」よりも具体的に詳しく明らかにしています。これから富裕層マーケティングを考えている人にとって、アプローチを考える意味において、とても参考になる一冊です。日本でも、ほかの著者で発売されている本がありますが、やはりダン・ケネディの考察だなと思いました。

 

 

 

着地点と着眼点, 2014/10/21

 

狙いを定めて、色々自分で調べることの重要性と、ここを見落とすことのないように、丁寧に仕事をすることを併せてすすめることを教えてもらえてような感想です!高齢者の財布の紐を緩める戦略を学びました。感心することばかりなのですが、非常に有意義な時間をこの本で感じています!

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

団塊シニアはお金持ち?, 2014/10/21

 

団塊の世代は、確かに貯蓄型の人生設計の人が多いのは確かだと思います。それを浪費するようなことはしないでしょう。

 

お金の使い道には、特別な思い入れや大切な人に喜んでもらうためなど、人それぞれの価値観に基づくものがあるのでしょう。

 

また、自立できない子供のため、または介護を必要とする年老いた親のために、支出を余儀なくされている人たちが増えている社会情勢も新鮮な情報でした。

 

しかし、消費者全体の中でお金を有する割合は、かなり高い年代であることに間違いないのは確かです。その年代に向けて、どのようなマーケティングをしていくのか、考えさせられる内容です。

 

まだまだ働き続ける団塊の世代に、物やサービスを買ってもらうには何が必要か?

 

ビジネスチャンスはいくらでもありそうです。

 

 

 

シニア世代独特の考え方・思想が分かる, 2014/10/21

 

 

そんなことを考えていたのか・・・という私が考えたこともなかった考え方や思想が分かりやすく解説されています。

 

ただ、日本とは異なる点については自分で詳しく調べる必要があるのかなと感じました。

 

本を読んでいるだけで、この訴求ポイント使ってみようというアイデアがいくつか出ると思います。シニア向けのビジネスをされている方は特にオススメです。

 

 

 

頷ける部分が多く非常に役に立つ内容でした。, 2014/10/20

 

 

私は、高齢者も相手にするので「団塊シニアマーケティング 容赦なき戦略」は、頷ける部分が多く非常に役に立つ内容でした。

 

高齢者向けの事例とか最高に役立ちます。

 

しかし、唯一のマイナスは日本とアメリカで世代の呼び方が違うこと。

 

類似している部分が多いので良いのですが、理解するのに少し時間を要します。

 

「富裕層マーケティング仁義なき戦略」と合わせて読むとより理解が深まると思います。

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

 

団塊シニアマーケティングお求めはこちらから!

商品を売るために最も大切なこととは!?

商品を売るために最も大切なこととは一体何でしょうか?

 

見込み客を集める集客力、魅力のある商品
販売力のある営業マン、訴求力のある広告
など、いろいろと思い付きますが、
実は一番大事なのはターゲットです。

 

どんなに優れた商品でも
相手にとって価値のある商品でなければ
絶対に売れないからです。

 

逆に言えば、
ターゲットを間違わなければ
売るのが下手でも売れてしまうくらいで、商売で最も大事なのはお客選びと言えます。

 

この本「団塊シニアマーケティング」はそんなターゲットの中でも
団塊シニア世代」に焦点を当てた一冊。

 

団塊世代は日本の人口の中でも全体の8%と

 

最も多くを占め、個人金融資産も60%もの

 

額を保有しており、抜群の購買力を誇ります。

 

従って、
この世代をターゲットにすれば
非常に有利にビジネス展開ができます。

 

もし、
団塊シニア相手にビジネスをするなら
団塊シニアマーケティング 容赦なき戦略」 を是非チェックしてみてください。

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

商品を売るために最も大切なこととは一体何でしょうか?

 

・見込み客を集める集客力
・商品を売るための顧客リスト
・訴求力のある広告やチラシ
・販売力のある営業マン
・魅力のある商品

 

 

少し考えただけでも
いろいろと思い付きますが、実は一番大事なのはターゲットです。

 

 

どんなに優れた商品でも
相手に合った商品でなければ絶対に売れないですし、

 

だましだまし売ったところで
お客さんは商品に価値を感じないのでリピート客にはならないからです。

 

 

逆に言えば、
適切なターゲットさえ選べば
売るのが下手でも商品は売れるのです。

 

 

エスキモーに氷を売ることはできませんが
砂漠で水を売れば飛ぶように売れるのです。

 

ですので、
ビジネスで最も大事なのは実は適切なお客選びと言えるでしょう。

 

 

この本「団塊シニアマーケティング」は
そんなターゲットの中でも「団塊シニア世代」に焦点を当てた一冊。

 

 

団塊世代は日本の人口の中でも
全体の8%と最も多くの比率を占め年齢別に見ると最大の勢力です。

 

 

また、
個人金融資産の60%はこのシニア層が保有しており、
抜群の購買力を誇ります。

 

 

その上、
既にある程度の財をなして仕事の現場から一線を退き、
お金と時間に余裕のあるセカンドライフを送る人も多いです。

 

 

従って、
この世代に上手くフォーカスしてアプローチするだけで、
非常に有利にビジネスが展開できます。

 

 

ですので、もしあなたが、

 

・高齢者相手のビジネスをしたい
・単価の高い商品が売りたい
・購買力のある客層を相手にしたい
・シニア層の考えてることを知りたい

 

というのなら、、、

 

是非、この
「団塊シニアマーケティング 容赦なき戦略」
をチェックしてみるといいと思います。

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー団塊シニアマーケティング

 

著者: ダン・ケネディ/チップ・ケスラー