行動科学マーケティング:ジェームス・A・ムレイ

行動科学マーケティング:著者ジェームス・A・ムレイ

行動科学マーケティング

<中身を読まなくてもわかる本の要約>
不思議な行動が多い
消費者を理解するのは、簡単ではない。

 

たとえば、
30ドルのTシャツは高すぎると感じるのに、29.99ドルなら気に入らない。

 

また、経済学では、20ドルの利益と20ドルの損失は
同じ感覚という前提だが、実際には20ドルを失った時のショックの方が、
20ドルを手に入れた喜びよりも大きい。

 

消費行動に見られる不可解な行動というのは、
ショッピングシーンに限られない。

 

たとえば、選挙で「生命の尊厳」を主張して
中絶に強く反対している有権者が、死刑制度や銃撃による犠牲者には
無関心だったりする。

 

タバコやアルコールに散財しながら、子供の食事や衣類には
できるだけ費用をかけないようにする。

 

レジ横に陳列してあるガムを衝動買いする等のように、
特に問題のない行動もあれば、

 

薬物中毒やギャンブル依存、
危険な性行為や銃の購入のように
深刻な行動も少なくない。

 

本書は、この不可解な消費行動を
探求・解説する一冊である。

 

人間の思考や感情、さまざまな外的環境、多様な意思決定手法が総体的に購買行動、
消費行動、市場に影響する仕組みについて明らかにしている。

 

似たような商品・サービスなのに飛ぶように売れる商品もあれば誰からも相手にしてもらえないような全く売れない商品もあります。

行動科学マーケティング


行動科学マーケティング、評価・レヴュー

「客がその商品を買う理由」を導ける!
2015/3/8

 

マーケティングの重要な点として、
「客がその商品を買う理由」を見つけることが挙げられます。

 

この本を読むことで、その方法、
客がなぜその商品を買ったのか、を導けるようになります。

 

本の構成としては、マーケティングの基礎から始まり、
消費行動に及ぶ内的要因と外的要因を学び、
客への対応策を知ることができます。
そのため、前提知識はなくてもわかるように構成されています。

 

3章まで読み進めれば、
客がどういう考えで、その商品を買うまでに至ったか、
という考えがわかるようになると思います。

 

これがわかってしまえば、
客の行動心理から逆算して、
客が買いたくなるような商品もわかるということです。

 

この本は特に、商品を売っている人に非常に効果的です。
もしくは、アフィリエイト等の紹介でも有効です。
今売っている自分の商品が、
客がほしがる要因を満たしているか確認し、
できていない部分はそれらを刺激するようにすれば、
売上げアップにつながるはずです。

 

★4にしたのは、
最初の基礎部分が少し冗長だと感じたためです。

 

 

実践に移せる学術書
2015/3/8

 

この本は、実用書というより
学術書といった感じです。

 

学術書と言えば、
実際には使えない机上の空論が
書いてあることが大半ですが、

 

この本からは、
実践で使える知識を科学的に分かりやすく
学ぶことができます。

 

私のようなコンサルタントは
この本の知識を使えば、
クライアントに対して
説得力のある説明をすることができると
感じました。

 

星を一つ減らしたのは、
あまりに口語的な表現が目に付いたからです。
そういうのが苦手な方にはおススメしません。

 

 

素晴らしい!こんな行動科学の本が欲しかった!, 2015/2/24

 

著者が、30歳でこの書籍を世に送り出した事に驚きを隠せない。
電子書籍版を時間がある時に拝読しているが、行動科学について、詳細にかつ分かり易い文面で書かれています。
各章に演習問題があり、内容を整理するために役立ちます。

 

 

消費者の行動を理解する教科書!
2015/2/23

 

 

行動科学マーケティングは、その辺にあるハウツー本ではなく教科書です。

 

消費者の行動を実例を通して体系的に伝えてくれます。

 

この新刊本は、人の【欲望】について
マーケティング的な視点から徹底的にリサーチした一冊です。

 

人が欲しくなる本当の理由を、様々な実験や文献から調査・分析して
350ページ以上にまとめたまさに欲望大全と言えるものです。

 

特に、マーケッター、営業マンには大変オススメです。

 

行動科学マーケティング
ジェイムス・A・ムレイ著
価格¥3,700(税抜)通常配送無料

90日間返金保障

著者紹介

著者紹介

ジェイムス・A・ムレイ(James A.Mourey, Ph.D.)

 

 

ミシガン大学ロス・ビジネス・スクールPh. D. 。弱冠30歳でありながら、マーケティングの科学と実務の融合をライフワークにしている。

 

マーケティングに目覚めたのは幼児の頃。お気に入りのバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』を真似て、自宅リビングの両親の前でオリジナルコメディを演じていた。そのときすでに重要なポイントに気づいていた。観客の存在、観客のニーズの把握、常に顧客ニーズに合わせて作品をリニューアルできるようになること。

 

ワシントン大学セントルイス校をトップクラスの成績で卒業後、マーケティング会社でアカウントマネジャーとして働き始める。その後、西海岸のロサンゼルスに移る。マネジメントならびにマーケティングのコンサルティング会社に転職し、調査研究所のディレクターとなる。そこで見事にニヤけして筋肉質になり、中西部に戻ってミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスでPh. D. を取得。やはり抜群の成績で、論文は大学ならびに学会から表彰を受け、両親を喜ばせた。

 

現在はシカゴ在住。デュポール大学のドリーハウス・カレッジ・オブ・ビジネスで教鞭をとりながら、モダン・マーケティング・ラボで未来のマーケティングに関する研究を行っている。時間があれば、経営者やマーケティング担当者へのコンサルティングや講演のため、全国を飛びまわる。その場所はハーバード大学、ヒューストン大学からロサンゼルス近郊のマリブ、フロリダのウエスト・パーム・ビーチまで幅広く、学者は役に立つだけでなく、愉快で、魅力にあふれ、社交的なのだと実証しようとしている。

 

行動科学マーケティング目次

Part0 マーケティングの基礎 消費者心理・消費者行動が1からわかる
 Preface1 マーケティングとは何か?
 Preface2 カスタマイズの進化
 Preface3 マーケティングを読み解くツール

 

PART1 内的要因 「自己」は社会の解釈にどう影響するか
 Chapter1 消費行動を学ぶ それは人生を知ることと同義である
 Chapter2 行動の原動力 ニーズ、ウォンツ、モチベーションの本質
 Chapter3 知覚と注目 重要なのは、 “現実” ではない
 Chapter4 学習と記憶 画期的な百貨店再建戦略が失敗に終わった理由
 Chapter5 感情、気分、情動 人間は感情に支配されている
 Chapter6 性格、態度、説得 いかにして行動のモチベーションとなり得るか

 

Part2 外的環境 考え方や行動を劇的に変化させる「外敵要件」の理解
 Chapter7 社会的影響 他者の存在が意思決定や行動を左右する仕組み
 Chapter8 文化の影響 日常生活を送るための「指針」
 Chapter9 サブカルチャー 家族は選べないが、所属するグループは選べる
 Chapter10 背景、環境、状況 消費者の選択や行動への無意識な影響

 

Part3 対応策 消費者の欲望への戦略的対処
 Chapter11 価値と価値評価 価値の高い低いは、どのようにして計算されるのか
 Chapter12 意思決定 人はさまざまなバイアスから逃れられない

 

PartX エンドロールはまだ早い 消費者行動は循環する

 

欲求のツボはどこにある?

不思議なことに何かの商品に

 

【2,000円】という値札が付いているときと
【1,999円】という値札が付いているときでは

 

なぜだか1,999円のほうが
やたらと安く感じてしまいます。

 

実はコレ、先頭数字効果というのですが
人は複数の価格を比較するとき
先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。

 

ということは、1,500円と1,499円では
消費者の価値認識はそこまで変わらない
ということが分かります。

 

他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき
「2枚買えば3枚目から半額」と言われると

 

「3000円を2500円に値引き」あるいは
「総額から500円値引き」と言われるより
大幅に安く感じてしまいます。

 

この本「行動科学マーケティング」は
こうした人間の行動科学について
徹底的にリサーチした一冊。

 

もしあなたが、こうした行動科学を
マーケティングに応用したいのなら、、

 

新刊本「行動科学マーケティング」を
是非、チェックしてみてください。

似たような商品・サービスなのに飛ぶように売れる商品もあれば誰からも相手にしてもらえないような全く売れない商品もあります。

行動科学マーケティング

 

 

 

似たような商品・サービスなのに
飛ぶように売れる商品もあれば

 

誰からも相手にしてもらえないような
全く売れない商品もあります。

 

売れない商品はせっかく投資した
商品開発コストを回収することすらできず
大きな赤字になってしまいますが、

 

飛ぶように売れる商品であれば
高価格にして高い利益を出すこともできます。

 

では、この違いは一体何なのでしょうか?

 

それは顧客の欲求の「ツボ」を
上手に刺激できているかどうかの違いです。

 

似たような商品でも
「欲しい」と思われる商品は
放っておいても売れていきますし

 

逆に欲しいと思われない商品は
どれだけいい商品でも
まず売れることはありません。

 

この新刊本「行動科学マーケティング」は
こうした人の【欲望】について
マーケティング的な視点から
徹底的にリサーチした一冊。

似たような商品・サービスなのに飛ぶように売れる商品もあれば誰からも相手にしてもらえないような全く売れない商品もあります。

行動科学マーケティング

 

 

人が欲しくなる本当の理由を
様々な実験や文献から調査・分析して
350ページ以上にまとめた
まさに欲望大全と言える一冊です。

 

ですので、もしあなたが、、

 

・向こうから商品を欲しいと言わせたい
・どんな商品を開発すればいいのか知りたい
・顧客の行動の理由を知って販売に活かしたい
・消費者の欲求を喚起してもっと商品を売りたい

 

のなら、

 

是非、この新刊本「行動科学マーケティング」を
チェックしてみてください。

似たような商品・サービスなのに飛ぶように売れる商品もあれば誰からも相手にしてもらえないような全く売れない商品もあります。

行動科学マーケティング

 

 

合法的なドーピング?

次の三名のスポーツ選手に共通する事はなんでしょうか?

 

1999年、バルセロナ五輪の男子100メートル走で金メダルを取ったリンフォード・クリスティ選手。

 

2003年、世界陸上パリ大会で女子100メートル走、200メートル走で 二冠を達成したケリー・ホワイト選手。

 

2013年、女子200メートル走でアテネ五輪、北京五輪と二連覇を達成したベロニカ選手。

 

一見輝かしい実績を残した彼ら。

 

ただ、非常に残念な事に三名に共通しているのは、

 

薬物の使用によって各大会への出場停止処分、
あるいは永久追放を受けているという事です。

 

今更言うまでもありませんがドーピングは絶対にやってはならない事です。

 

でも、これがビジネスの場合だったら・・・?

 

実はビジネスの場合は、合法的に一瞬にして
あなたのビジネスやマーケティングを強化してしまう方法があります。

 

その方法というのが
消費者心理」を活用した方法なのです。

 

 

消費者が行動する理由があらかじめわかっていて、

 

それを商品開発や価格設定、ロジスティックやオペレーション、
販売促進やセールスなどに適切に応用することができたら、

 

あなたの商品やサービスの売上は大きくアップします。

 

では具体的にどうすればいいのか?
その答えがこちらにあります。

行動科学マーケティング

 

 

 

数々の事例とともに、消費者の行動心理が
細かく解説されている新刊本、『行動科学マーケティング』。

 

いまや行動心理学の専門家は世界中に数多く存在しますが、

 

【欲望】という観点でここまで緻密に消費者心理を
分析している人は、著者であるジェイムス・A・ムレイ くらいでしょう。

 

マーケティングにご興味のある方、
自社の商品の売上をアップさせたいという方は
是非、お求め下さい。


行動科学マーケティング
ジェイムス・A・ムレイ著
価格¥3,700(税抜)通常配送無料

 

 

 

見込み客が強烈に欲しがる瞬間…

 

人が持っているモノを欲しくなる。

 

そんな経験が誰でも一度は あるのではないでしょうか?

 

友達の持っている漫画、ゲーム。
上の兄弟が来ている服など。

 

しかし、もっと強烈に欲しくなる瞬間というのがあります。

 

それは、
「これを買ったほかのお客様はこの商品も買ってますよ」
と言われた時です。

 

非常に奇妙な現象なのですが、自分と同じ趣味思考の人、
つまり同じ属性の人間がみんな買っているものを

 

「自分だけ買わない」という状況に
じわじわとプレッシャーや損失感を
感じ始めてしまうのです。

 

Amazonなどのネット通販サイトでは
こういった手法は当たり前のように実践されています。

 

このように消費者心理をしっかりと理解した上で、
「見込み客の欲望」を引き出す工夫ができれば
客単価をあげることは容易です。

 

当然売り上げをあげることも十分可能なのです。

 

ではどうすれば、購入しようと思っていなかった見込み客に、
あっさりと購入してもらえるのか?

 

その秘密の数々が、
行動科学マーケティング
という本の中で公開されています。
現在amazonの平均点が5.0という、
非常に満足度の高い新刊本です。

 

 

消費者心理の応用の仕方について
著者であるジェイムス・A・ムレイは、
日常生活や実務と結びつけて丁寧に
解説してくれています(Amazonもその一つ)。

 

本書をご覧いただければ、
「こんな身近なところに、売り上げアップのヒントが隠れていたのか」と
驚かれることでしょう。

 

本書で明かされている消費者心理を
本格的にあなたのビジネスに取り入れれば、
確実にビジネスを成長させることができます。

 

是非、この新刊本『行動科学マーケティング』を
チェックしてみてください。


行動科学マーケティング

 

 

 

 

2000円より1999円が妙に安く感じる理由

 

 

不思議なことに何かの商品に

 

【2,000円】という値札が付いているときと
【1,999円】という値札が付いているときでは

 

なぜだか1,999円のほうが
やたらと安く感じてしまいます。

 

実はコレ、先頭数字効果というのですが
人は複数の価格を比較するとき
先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。

 

ということは、1,500円と1,499円では
消費者の価値認識はそこまで変わらない
ということが分かります。

 

他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき
「2枚買えば3枚目から半額」と言われると

 

「3000円を2500円に値引き」あるいは
「総額から500円値引き」と言われるより
大幅に安く感じてしまいます。

 

この本「行動科学マーケティング」は
こうした人間の行動科学について
徹底的にリサーチした一冊。

 

もしあなたが、こうした行動科学を
マーケティングに応用したいのなら、、

 

新刊本「行動科学マーケティング」を
是非、チェックしてみてください。


行動科学マーケティング

 

人がモノを欲しくなる本当の理由を
様々な実験や文献から調査・分析して
350ページ以上にまとめた
まさに欲望大全と言える一冊です。

 

ですので、もしあなたが、、

 

・向こうから商品を欲しいと言わせたい
・どんな商品を開発すればいいのか知りたい
・顧客の行動の理由を知って販売に活かしたい
・消費者の欲求を喚起してもっと商品を売りたい

 

のなら、

 

是非、この新刊本「行動科学マーケティング」を
チェックしてみてください。


行動科学マーケティング
ジェイムス・A・ムレイ著
価格¥3,700(税抜)通常配送無料

 

 

 

 

 

 

 

不思議なことに何かの商品に

 

【2,000円】という値札が付いているときと
【1,999円】という値札が付いているときでは

 

なぜだか1,999円のほうが
やたらと安く感じてしまいます。

 

実はコレ、先頭数字効果というのですが
人は複数の価格を比較するとき
先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。

 

ということは、1,500円と1,499円では
消費者の価値認識はそこまで変わらない
ということが分かります。

 

他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき
「2枚買えば3枚目から半額」と言われると

 

「3000円を2500円に値引き」あるいは
「総額から500円値引き」と言われるより
大幅に安く感じてしまいます。

 

この本「行動科学マーケティング」は
こうした人間の行動科学について
徹底的にリサーチした一冊。

 

もしあなたが、こうした行動科学を
マーケティングに応用したいのなら、、

 

新刊本「行動科学マーケティング」を
是非、チェックしてみてください。


行動科学マーケティング
ジェイムス・A・ムレイ著
価格¥3,700(税抜)通常配送無料

今週の厳選本・世界一シビアな社長力養成口座

[商品]:世界一シビアな「社長力」養成講座

[著者]:ダン・ケネディ
[価格]:3,990円(90日間返金保証)

 

ダイレクト出版で一番売れている本です。

 

社長さんに限らず、起業を目指す人、管理職の方など
さまざまな立場の方に人気の一冊です!!

 

非常にシビアではありますが、管理者の立場の本質を突いた無いようです。
今、日本では40年もつ会社はたったの0,7%だそうです、
「社長力」の足りない社長さんが多いからも知れませんね!

 

 

今週の厳選本・世界一シビアな社長力養成口座

 

 

今週の厳選本・脳科学マーケティング

[商品]:脳科学マーケティング

[著者]:ロジャー・ドゥーリー
[価格]:3,990円(90日間返金保証)

 

最近リリースした中で一番売れた本です。

 

脳科学と心理学的な見地から様々なマーケティングテクニックを
紹介している本になります。

 

同じ商品でも、コピーを変えただけで、
売り上げが5倍、10倍になることは良くあることですよね!

 

オンライン/オフラインに関係なくマーケティングをしているという方全員にオススメできる本です。

 

 

今週の厳選本・脳科学マーケティング

 

 

 

今週の厳選本・現代広告の心理技術101

[商品]:現代広告の心理技術101

[著者]:ドルー・エリック・ホイットマン
[価格]:3,990円(90日間返金保証)

 

 

リリース以来、根強い人気を誇る本です。

 

心理学を駆使したマーケティングが好きな方にはたまらない一冊です。

 

コンバージョン率もリリース以来、衰えることなくずっと売れ続けており
累計1万冊以上売れている本です。

 

 

今週の厳選本・現代広告の心理技術101


 

 

今週の厳選本・世界一ずる賢い価格戦略

[商品]:世界一ずる賢い価格戦略

[著者]:ダン・ケネディ
[価格]:3,990円(90日間返金保証)

 

 

商売をする人間なら必ず一度は悩む商品の値決めについて論じた本です。

 

非常に安定して売れ続けて累計販売部数も1万冊を超えており好評の一冊です。

 

 

 

 

今週の厳選本・世界一ずる賢い価格戦略

 

 

説得の心理技術

[商品]:説得の心理技術

[著者]:デイブ・ラクハニ
[価格]:3,990円(90日間返金保証)

 

 

著者が元カルト教団にいたことから
非常にインパクトのある本になります。

 

7月の発売直後のコンバージョンがダイレクト出版の本の中では最高の
12%以上を記録した脅威の一冊です。

 

 

 

今週の厳選本・説得の心理技術

 

「右腕採用力」養成講座

「右腕採用力」養成講座:ジェフ・スマート/ランディー・ストリート社長の悩みが全て解消する「右腕採用力」養成講座、著者ジェフ・スマート/ランディー・ストリート、「間違った雇用」により、企業が1年間に無駄にするコストは実に150万ドルを超えるといわれています。しかも、、、、、。