世界一ずる賢い価格戦略

世界一ずる賢い価格戦略

世界一ずる賢い価格戦略,ダン・ケネディ

世界一の億万長者メーカー、
ダン・ケネディの

世界一ずる賢い価格戦略

 

経営者や起業家のみならず
マーケターやセールスマンなど
「売る」ことを仕事にする方は必見の一冊。

 

ビジネスは価格に生きて価格で死ぬ

 

著者のダン・ケネディがこう言うように
価格こそがビジネスの生命線です。

 

実際、価格設定を失敗してしまうと ビジネスそのものが上手くまわりません。

 

商品の値段を高くし過ぎると さっぱり売れませんし、安くすると利益が出なくなり
価格競争に巻き込まれてしまうからです。

 

では、商品を売るときに どうやって価格を決めればいいのでしょうか?
また、無料、割引、値上げの使い方はどうすればいいのでしょうか?

 

理論編

 

理論編では豊富なデータや事例を元に値段を下げるとどうなるか?逆に値段を上げるとどうなるのか?といったことが解説されています。

 

例えば、値段を下げると売れやすくなる代わりにどういった弊害が起きるのか?

 

逆に販売量を維持したまま値段を上げるにはどうすればよいか?などなど。

 

さらには「無料」戦略の使い方についても触れられており、
無料にしてはいけないものや
無料にすると強力な武器となるもの
はては無料で攻め立てるライバルと戦う方法など

 

無料の効果的な使い方と絶対にやってはいけない無料戦略について極めて参考になる内容が書かれています。

 

実践編

 

実践編では、実際に商品の値段を付けるためのテクニックがテーマです。

 

ほとんどの人は商品の価格を決めるときに思い付きや業界の常識、顧客の言い値やコストプラス方式などなんとなくで決めてしまっています。

 

しかし、最大級の利益を確保するためにはもっと合理的に「スキミング戦略」を採用するのが最適です。

 

また、99セントと1ドルで消費者に どういった心理的な影響があるのか?
などなど。

 

価格設定で気になることがポイントを絞って書かれています。

 

サンプル編

 

サンプル編は短いですが価格戦略を活かした広告のサンプルが掲載されており、この本は価格について徹底的に語りつくした一冊です。

 

商品の価格に迷ったときに強力な味方になること間違いないでしょう。

 

世界一ずる賢い価格戦略,ダン・ケネディ「世界一ずる賢い価格戦略」

 

 


目次:

Preface 価格、利益、力、富の関係
-この本を読めば億万長者も夢ではないワケ

 

Part1 世界一ずる賢い価格戦略(理論編)

 

Chapter1 価格戦略の落とし穴に落っこちるな
Chapter2 その値下げ、ほんとに必要?
Chapter3 その値下げ、見返りはある?
Chapter4 「無料」というガン細胞
Chapter5 さあ、無料との戦いに乗り出そう
Chapter6 「無料」で戦うときの3つのステップ
Chapter7 「ありふれた考え」を捨て去ろう
Chapter8「差別化」の持つ力
Chapter9 BtoBにおける価格戦争-最後に笑うのは誰?
Chapter10 価格と製品の鎖を断ち切る
Chapter11 「買わずして買っている」の持つ力
Chapter12 価格弾力性のヒミツに迫る
Chapter13 効果的な5つの価格提示メソッド
Chapter14 狙うはニッチとサブカルチャー
Chapter15 「連想の原理」が成功を生む
Chapter16 不況という落とし穴から抜け出すために

 

Part2 世界一ずる賢い価格戦略(実践編)

 

Chapter17 さあ、実際に値決めをしてみよう
Chapter18 前払い制のすすめ
Chapter19 悪徳まがいの儲け術-こんなのあり?
Chapter20 値下げ中毒社員に気をつけろ!
Chapter21 誰の意見を採用する?-価格戦略の4人の審判
Chapter22 不況下での価格戦略

 

Part3 世界一ずる賢い価格戦略(サンプル編)

 

Chapter 23効果的な広告サンプル
- マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?

 

 

世界一ずる賢い価格戦略,ダン・ケネディ「世界一ずる賢い価格戦略」

著者紹介:

ダン・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

 

講演家としては、9年連続で、20〜27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

 

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円〜数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

 

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

 

コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

 

ジェイソン・マーズ

マーケティングスペシャリスト。

 

起業家や各界のプロフェッショナルに対し、斬新な切り口で価格をはじめ数々のビジネス戦略の指導を行っている。クライアントの価格に対する恐怖心と誤った考え方を取り除くことで、本来の利益を生み、さらなる飛躍のチャンスを与えるサポートを行っている。

 

起業家としても知られており、ヘルスケア、教育、出版関連、コンサルティングなどの分野で大きな成功を収めている

 

 

世界一ずる賢い価格戦略,ダン・ケネディ「世界一ずる賢い価格戦略」

誰も言わなかったお金儲けのツボ

ビジネスで儲けを出すには どうすればいいのでしょうか?

 

・お客さんの数をもっと増やす
・購入頻度を上げてもらう
・経費を節約してコストを削減する

 

どれも正しいですが儲けを出すために 一番大事なことはそこではありません。

 

では一体何が大事かと言うと、それはできるだけ高く商品を売ることです。

 

 

もしあなたの商品を今の価格よりも、高い価格で売ることができれば、ビジネスは生まれかわります。

 

利益は何倍にもなるでしょう。

 

それを自分の収入としてもいいし、その分、広告費などにも投資してもっと事業を拡大してもいいでしょう。

 

しかし、単に価格を高くするだけでは売れにくくなってしまうだけです。

 

では高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

それがこの新刊本「世界一ずる賢い価格戦略」のテーマです。

 

 

この本には、

 

・商品を高く売る秘訣
・割引するときの見せ方
・無料の使い方
・不況下での価格戦略

 

 

などなど、
買う側の価格に対する心理を鋭く突いた
誰も言わなかったお金儲けのツボが書いてあります。

 

そして実はこの本にはもっと大事なことが書いてあります。

 

それは価格を間違えると商品は「売れない」ということ。

 

人は缶ジュースに1万円も出して買ったりはしないように

 

どれだけ付加価値を付けても商品の価格を間違えてしまうと
さっぱり売れないのです。

 

つまり価格ひとつでせっかくの商品を ダメにしてしまうことが多々あるわけです。

 

もし、自分の商品・サービスを もっと高い価格、本来の価値の分の価格で売りたいと思うなら、この本は必読です。

 

「世界一ずる賢い価格戦略」

 

 

 

どういう商品がいくらで売れるのかを事前に知っていれば利益を最大化するのもそう難しい話ではありません。

 

もしあなたが、 何かを売る仕事をしているなら、、 何か新しいビジネスを考えているなら、、 売っても売っても利益が出なくて困っているなら、、

 

オススメなので是非チェックしてみてください。

 

世界一ずる賢い価格戦略,ダン・ケネディ「世界一ずる賢い価格戦略」